So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

認知症徘徊見守りグッズ

認知症徘徊見守りグッズに興味があります。

認知症になると、人によっては徘徊(はいかい)をします。原因は、人それぞれ。

認知症で徘徊して行方不明になっている人が、年間で1万人以上います。他人ごとではありません。

また、電車にはねられてJRから高額な損害賠償を遺族が請求される裁判もおきています。

徘徊を100%防ぐことはできません。

けれど、家を出るところで食いとめたり、見失ってもどこにいるかインターネット調べることのできる便利なグッズが存在します。

そんな便利なグッズを上手に活用しましょう。

たとえば、玄関にセンサーを取り付ける。ドアが開いたらチャイムで教えてくれます。

たとえば、離床センサー。ベッドから起き上がると無線で教えてくれます。

たとえば、GPS発信器。靴や持ち物に取り付けることで、かなり正確に本人の現在地がわかります。

60歳以上の高齢者の2人に1人が認知症になる可能性があります。

とうぜん徘徊する人も増加するのです。

認知症徘徊見守りグッズで危険を未然に防止しましょう。



共通テーマ:資格・学び

太陽光発電のアフィリエイターに辟易

太陽光発電システムを設置しようと考えています。そこでヤフー知恵袋の出番。

もちろん、いきなり質問するようなことはしません。関連する本を10冊ほど読んでから質問しようと読んでいます。

そのあと、知恵袋の過去の質問をチェックしました。

太陽光
太陽光発電

で検索してみました。

毎日のように質問がありますね。

多くが

・どうしたらいいか
・設置したほうがいいか
・訪問販売がやってきたが、価格は適正か
・どのメーカーがお勧めか

といったものでした。

太陽光は設置できるならしたほうがいいのは間違いありません。メリット・デメリットがあるのは承知しています。そのうえでの判断です。

訪問販売で購入すると高くなるし、設置に保証やメンテナンスも不安が残ります。メーカーは屋根の面積によって設置できるパネルも違うので、いちがいにココ!と言えません。

なのに回答が、いきなり「比較サイトで価格を比較しましょう」といったアフィリエイターさんのものばかり。

実は、太陽光発電システムはどの家にも付くものではありません。それを知るために発電シミュレーションをしなければならないのです。

けれど多くの回答者が発電シミュレーションを教えず、アフィリエイトできる比較サイトを勧めています。なにかおかしいですよね。

以上、太陽光発電システムのアフィリエイターに辟易でした。




共通テーマ:住宅

売電の仕組み

太陽光発電の投資、ズバリ売電に挑戦してみたい。そこで売電の仕組みを調べてみました。

簡単にいえば

・10kW以上で
・産業用太陽光発電システムを設置
・20年間は、決められた価格で電気を買い取ってもらえる

というもの。

ちゃんと発電さえできていれば、20年間、国が約束してくれた金額で買い取ってくれる。

だから、投資した費用が回収しやすい。利回りも変なアパート投資より高い。

さらに太陽光発電システム自体の値段が下がっている。だから売電の買取価格が低くなっても、10%の利回りがとれる。

20年のあいだに手入れも必要だし、交換しなければならない機器もあるだろうけれど、太陽光発電の投資、有望だと思う。




共通テーマ:資格・学び

新電力の特徴

2016年4月から電力自由化がされました。これで、わたしたちは自分の好きな電力会社を選べます。

いままで契約していた大手の10電力。そして民間企業の新電力。新電力の特徴とはなんでしょう。

・民間企業である
・自分で発電しなくても、どこかから仕入れてくれば売ることができる
・地方自治体も参入している

大手ガス会社、携帯電話会社、商社、自治体までも参入しています。

・いままではたくさん電気を使えば使うほど料金が高くなっていた。しかし、新電力では「使えば使うほど安く」なる

・基本料金が無料で、使った分だけ料金を支払う新電力も登場
・新電力に乗り換えることで、太陽光発電システムを無料で設置してくれるところも
・2017年にはガスの全面自由化。電気とのセット割引がより増えそう

ただし、新電力に乗り換えできない地域や、乗り換えると逆に電気代が高くなってしまう場合もあります。

なので必ず比較サイトで、いくらくらい安くなるかを調べておきましょう。

以上、新電力の特徴でした。




共通テーマ:資格・学び

リフォームは最初の見積もり以上、費用がかかる

家のリフォームをそろそろしようと考えています。となると、先立つものは費用。お金がないとどうにもなんにもなりません。

ところで、リフォームの費用は最初の見積もり以上かかるってご存知ですか。

その理由は、リフォームという行為そのものにあります。

新築のように一からすべて作るものであれば、費用はとても計算しやすく。よほど地盤がやわらかい、沈下しているとかでなければ、追加費用もかかりません。

けれど、リフォームは違います。

すでに、そこに建物が存在します。たとえば床下。木造の床をめくったら、シロアリに土台が喰われていたとします。もともとリフォームの費用計算は、外から見て問題がない、異常がない状態でします。

もしも土台から手直ししなければならないとなれば、追加費用がかかります。

さらに水道などの配管が傷んでいた、壁の中に断熱材がはいっていなかった・・・・なんてことになったら。とうぜん、追加費用がかかります。

むしろ、追加費用がかからないリフォームのほうが珍しいといえるでしょう。絶対かかると思っておいたほうがいいくらいです。

というわけで、リフォームの費用は最初の見積もり以上かかると考え、費用は多めに用意しておきましょう。

わたしもそうします。




共通テーマ:資格・学び

老人の一人暮らしに便利なグッズ

老人一人暮らしグッズ

お年寄りが一人で暮らしていれば、何かと不便もあるでしょう。もしも、室内で車椅子での生活をしていれば、何か足元に落としたとき拾うのも大変。

けれどリーチャー(マジックハンド)があれば、助かります。

一人では背中に湿布を貼ることも、軟膏を塗るのも大変です。

耳が遠ければ、電話のベルが鳴っても気づかないかもしれません。営業の電話やオレオレ詐欺(振り込め詐欺)の電話がかかってくるかもしれません。

持病があったり、室内で転倒して骨折して動けないかもしれません。

薬を飲み忘れるかもしれません。認知症で一人で出かけて帰れなくなるかもしれません。

それらを助けるのが老人一人暮らしグッズです。

共通テーマ:資格・学び

コンビニの廃棄ロス

フランチャイズビジネスコンビニ経営に興味があります。気になるのは、コンビニの廃棄ロス

ようは捨ててしまうわけですから、利益から考えればマイナスです。廃棄は。そこで制度の高い発注が必要になります。

ロスを気にするあまり、発注を減らす。すると、今度は売り場がガラガラになる。お客様は店に来ても、欲しいものがない。

結果的に、店に来なくなる。売れない。だから、また発注を減らす。まさに売れない悪循環の発生です。

無計画、無謀に商品を仕入れろってことではありません。そもそも、コンビニの売り上げの6割は、ファストフード。賞味期限の短い食品がメインですから。

コンビニの廃棄ロス。コンビニを経営する以上、避けて通れない問題です。



共通テーマ:資格・学び

コンビニは朝が混雑する

コンビニ起業したい。おおざっぱにいえば、フランチャイズビジネスで起業して成功したい。独立したい。

さて素朴な疑問がわいた。フランチャイズビジネスといえば、コンビニエンスストアが有名だ。

コンビニとは、便利なお店のことね。このコンビニって、一体いつ混雑するのだろうか。

やはり、平日の朝だろう。通勤途中にいろいろ買っていく人が多い。でもまあ、みんな急いでいるから、ゆっくり買い物をしていない。だから買い上げ点数は少ない。

つまり、忙しい。急いでいるけれど売り上げは低いというわけだ。

では、忙しくて売れる時間は一体いつだろう。コンビニの。もちろん、駅とかにあれば一日中忙しい店舗も存在するかもしれない。

そこらにある街中のコンビニで考えてみる。それは夕方から夜だろう。または会社が近くにあれば昼飯時。

ゆっくり買い物したい、あとは家に帰って休むだけ。そうなれば、お弁当や酒のつまみ、ビールやお酒だって買っていくかだろう。

だから忙しくて、売り上げもあるのは平日の夕方から夜にかけてと結論する。

ああ、フランチャイズビジネスで成功したい。




共通テーマ:資格・学び

有料老人ホームとは

まだ老人ホームに入居する年齢ではないけれど、自分がもしも老人ホームに入るとしたら・・と考えてしまうことがある。

そもそも、無料の老人ホームなんてないだろう。いちいち有料と付けるのには意味があるのだろうか。

どうやら国や公的機関がやっているのが老人ホーム。または施設と呼ばれる。

あとは、民間が経営する「有料老人ホーム」などと覚えて間違いはないはずだ。

国や公的機関がやっているホームは、税金が使われているから費用が安い。安いといってもお金がまったくかからないわけではない。

とにもかくにも、有料とついたら民間が利益目的で運営しているホームだと思って間違いはなさそうだ。

老人ホームの費用で後悔しない3つのポイントでも読んで勉強しよう。




共通テーマ:資格・学び

adhdを心理療法で改善する

ADHDとは、落ち着きがない、集中できない、物忘れがひどい、といった症状がでる。

具体的には、人の話をじっと聞いていられない。何かひとつに集中できない。

たとえばゲーム

これはさすがに集中している。多くの親は「ゲームに何時間も集中なんて・・」と考え、やめさせることばかり考えてしまう。

そこで、心理療法を使ってはどうだろうか。

やめさせるのではなく、あえてゲームをやらせる。そして家族で一緒にやってみる。

その結果、家族との触れ合いが増え、ただゲームを一人でやっている時とは違う改善が見えることもある。

ADHDに心理療法

有効だろう。



タグ:心理療法 ADHD

共通テーマ:資格・学び
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。