So-net無料ブログ作成

認知症徘徊見守りグッズ

認知症徘徊見守りグッズに興味があります。

認知症になると、人によっては徘徊(はいかい)をします。原因は、人それぞれ。

認知症で徘徊して行方不明になっている人が、年間で1万人以上います。他人ごとではありません。

また、電車にはねられてJRから高額な損害賠償を遺族が請求される裁判もおきています。

徘徊を100%防ぐことはできません。

けれど、家を出るところで食いとめたり、見失ってもどこにいるかインターネットで調べることのできる便利なグッズが存在します。

そんな便利なグッズを上手に活用しましょう。

たとえば、玄関にセンサーを取り付ける。ドアが開いたらチャイムで教えてくれます。

たとえば、離床センサー。ベッドから起き上がると無線で教えてくれます。

たとえば、GPS発信器。靴や持ち物に取り付けることで、かなり正確に本人の現在地がわかります。

60歳以上の高齢者の2人に1人が認知症になる可能性があります。

とうぜん徘徊する人も増加するのです。

認知症徘徊見守りグッズで危険を未然に防止しましょう。



共通テーマ:資格・学び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。